ed治療ならおまかせください

もしかして自分も? そもそもEDって何が原因なの?

男性悩むEDとは「勃起不全」のことで、「勃起機能の低下」を意味します。
その症状の程度には幅があり、普段は大丈夫だけどたまに勃起しない軽度から、中等度、完全型に分けられるんですよ。 まったくしないというだけでなく、時間がかかったり、硬さが不十分だったり、途中で元気がなくなったりというのも EDの疑いがあります。
つまり、満足な性行為が最後まで行えない状態がED。 専門的には、性的刺激が脳から男性器にうまく伝わらず、血液が十分に流れ込まなくなる状態をいいます。 「なかなか相談しにくい」「自分の場合、治療が必要なのかわからない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかしEDの潜在的患者数は多いとされ、男性なら起こり得る身近な問題なのです。

原因は加齢だけじゃない? EDになるのはなぜ?

1.心理的な原因

EDの原因にはいくつかのタイプがあります。
年齢が上がるにつれてEDの症状が現れやすくなりますが、比較的20~40歳代に多いのが、ストレスや不安、うつなどによる心因性EDです。日常生活での睡眠不足、過労、過度な緊張や心配、コンプレックス、トラブルなど精神的な負担や焦りによって引き起こされます。 現実のストレスだけでなく、幼少期の体験やトラウマなど過去に原因がある場合も。 心の深層にある抑圧された怒りや不安などによってEDを発症してしまうこともあるのです。

2.血管や神経など器質性の原因

EDは脳→神経→血管の流れがスムーズにいかなくなると起こります。
血液がうまく流れなかったり、脊髄を損傷するようなケガを負ったり、
神経に後遺症が残ることがこれにあたります。

  • 「生活習慣病」

    EDの一つの原因は血管が不健康なことです。動脈硬化が進み、陰茎動脈に血液が流れ込まない血管 障害が起こるとEDにつながります。 動脈硬化が生活習慣病と密接に関連するのはご存知ですよね。糖尿病、高血圧、高脂血症などの血液 循環に関連する生活習慣病は、EDを発症する最も多い原因です。 生活習慣病に至っていなくても、喫煙をはじめ、連日のお酒の飲み過ぎや不規則な食事などもEDを起 こすと考えられています。

  • 「加齢」

    動脈硬化による血管障害は、年齢を重ねるごとに起こりやすくなります。生活習慣病と同じく、男性器 を通る血管で動脈硬化が進むとEDの原因になります。 加齢は避けられませんが、動脈硬化は長い時間をかけてつくられるもの。早い時期から食事や運動な どの生活習慣に気を配りたいですね。

  • 「神経性の障害」「外傷」など

    脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病などの疾患によってEDを発症するケースもあります。 また、前立腺がんや膀胱がんなどの手術による周囲の血管・神経の損傷や、事故による脊髄損傷もED の原因の一つです。

3.一部の薬剤服用による原因

中枢神経、末梢神経、循環器系、消化管それぞれに作用する薬剤がEDの原因になることもあります。

治療が必要? EDが心配ならどうしたらいい?

男性悩むEDは自分で気づくことができます。 生命に関わる病気ではありませんが、気づいてもそのままにしておくと家庭や職場での自信喪失にもつながりかねず、日々の暮らしに悪影響が出てくるかもしれません。EDには原因がいくつかあり、精神的なストレスと生活習慣が絡み合うなど混合型の場合も多いのです。治療方法もどんどん進化しています。ご自分に治療が必要かどうか、必要ならどんな方法が適しているのかを知るためにも、気になる方は専門の医師に相談してみませんか。

治療について詳しく見る

ED治療ならメディエス皮膚科クリニックにお任せ下さい!

  • 新宿 TEL:03-5368-1334 メディエス新宿クリニック
  • 銀座 TEL:03-6226-3811
クリニック案内
新宿 ニキビ
新宿院
0120-559-935
銀座 ニキビ
銀座院
0120-415-554
モバイルサイト

診療メニュー

  • 毛穴
  • ニキビ跡
  • 脱毛
  • ニキビ
  • 薄毛
  • あぶら浮
  • しみ
  • しわ
  • ほくろ
  • ED
  • EDの知識